ついに4代目のプリウスが発売されますね!

先日デザイン等の発表がありましたが、
今のところ発売日は、2015年12月9日が濃厚とされています。

 

プリウス 新型の燃費に関しては、エンジンや、モーター、電池の小型軽量化などで約37.0km/lを実現、
さらに一部グレードで、40.0km/lとなりそうです。ついに、40.0km/lの世界に突入ですね☆

 

価格はまだ未発表ですが、最新情報によると、メインのグレードで、Eが約240万円、Sが約245万円、
Aが約275万円、Aプレミアムが約330万円と予想されています。
プリウス 新型から新たに投入される4WDは、E-Fourで約20万円程度アップとされています。

 

居住性の大幅なアップと、乗り心地の改善にも注目です。
プリウスは歴代モデルがいずれも居住性に優れていることも、人気につながっていますね。
新型では、新たなプラットフォームを搭載し、スペース効率が飛躍的に高まっています。
室内長が約20cmも拡大しているのは驚きです。

 

本当に今から楽しみです!

 

人気もかなり高くなりそうで、
納車待ち6ヶ月という事態も予想されるため、
早めに準備をして、できるだけ確実に、お得に購入したいところです。

 

そこで、自分が新型車を購入する時に、
約67万円もお得にできた方法をご紹介します。

 

事前にしっかりと準備をしないと、
プリウス 新型を購入する時に、知らないうちに大きく損をすることもあるので、
参考になればと思います。

新型車を、約67万円もお得に購入できた方法とは

まずは普通にディーラーに行って、自分の車を下取りにだして、
新型車を購入する相談をしました。

 

ディーラーは、下取りにだした車に応じて値引きをしてくれるので、
私の場合、値引き額は、約5万円でした。。

 

 

値引き額にいまいち納得できなかったので、
最近ネットで人気の、車査定サービスに見積もりをだしてもらいました。

 

すると、なんと約72万円の買取金額がつきました!
びっくりしました。

 

理由は、買取業者が多かったので、査定額がつりあがったからです。

 

 

もちろん、そのまま買い取ってもらい、
新車は、自分の車の下取りなしで購入しました。

 

結果的に約67万円も得をしたので、大満足でした。
車査定サービスが人気な理由がわかりました。

 

 

私が使った車査定サービスはこちら

 

↓↓↓
かんたん車査定ガイド

 

 

 

もちろん無料で、たった1分程でできます。

 

 

プリウス 新型を購入する際、ディーラーとの付き合いがある人も、
下取り価格を知っておけば、交渉にも使えるので、
一度査定してからディーラーに行った方が良いですね。

 

ちなみに、自分の友達は、ディーラーでは廃車扱いだった車に、
約50万円の買取金額がつきました!

 

お得に損なく、プリウス 新型を購入できるといいですね。

 

 

 

4代目のプリウス 新型に期待してます。

プリウス 新型のデザインですが、新たに採用したプラットフォームにより、低重心かつ低フードを可能にしました。
現行のプリウスに比べて、よりシャープでふんばりの効いたボディフォルムになっています。
プリウス 新型では、リアスタイルやサイドのラインも拘りのデザインになっていて、どのクルマとも違う個性になっています。

 

プリウス 新型では、駆動用バッテリーに関しては、リチウムイオンバッテリーになると予想されていましたが、どうやらグレードによって、使い分けられそうです。
Aグレード以上でリチウムイオンバッテリーが採用されるようです。
また今回プリウスでは初となる4WDが設定されそうです。プリウス 新型4WDでは、軽量、コンパクトなE-Fourが採用され、スペースのとらない、リチウムイオンバッテリーとなりそうです。
ただ、Sグレードの価格を下げるため、ニッケル水素になるかもしれませんね。

 

プリウス 新型のハイブリットシステムに関しては、インバーターやモーターの小型化に成功しています。さらに熱効率も世界最高レベルを達成していて、燃費が向上しています。
Eグレードでなんと、40.0km/lを達成!他のグレードでもアクアと同じ37.0km/lと、脅威の数字になりそうです。
さらに4WDは、35km/lと、こちらもたった2km/l落ちと、すごい数字になっています。4WDを愛用している人に人気がでるのは間違いないですね。

 

居住性の大幅アップも見逃せません。プリウス 新型の室内長が約20cmも拡大しているのは驚きです。クラウンやレクサスGSをもプリウスが上回ることになります。プリウス 新型では、室内容量も56l拡大しているので、今まで以上にプリウス内で快適に過ごせそうですね。

 

走りのポテンシャルにも期待です。今までは燃費最優先のイメージがあり、走りに満足できない人がいたことも事実です。プリウス 新型では低重心プラットフォームの採用により、操縦安定性に優れるハンドリングが期待できます。気持ちのいい走りと乗り心地が今から楽しみです。

 

プリウス 新型の、安全性に関してもレベルアップします。
Aグレード以上には、プリウス 新型ではトヨタセーフティセンスPが採用されそうです。歩行者も認識する自動ブレーキが装備され、やや遅れをとっていた分野でのプリウス 新型の巻き返しが期待されますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.lifesgiftseminars.compenduka.infowww.thomevincent.com
palancadigital.comvip-clothes.comtittot-service.com
perfumeriapreciosapr.comvelmawallis.comloubotuinworld.com
online-dating-for-guys.comjsb-constructions.commizzouinkc.com
pragmaticcereal.comecg-2013.comonthebusesforum.org
www.oakleyeyewear.orgingridmwangi.comwww.talentoshr.com
www.hobbitmanor.comwww.holiday-rent-a-car.com